管理職という職種について考える

管理職という職種について考える

管理職は結構大変な職種です

社会人として会社で働きだしてから10年も経ってくると出世もして、管理職になるという人も結構沢山いると思います。今まで自分の成績や自分が頑張れば評価してもらってきたのが、管理する側になるとそういう訳にも当然いかないので、自分だけという今迄から比べると結構な大変差だと思います。特に管理する側になったばかりの時はどうしていいか分からない部分も結構あるため、部下の教育もしないといけないし、その中で上にも下にも気配りが必要にもなってくるので、精神的にも結構きついと思います。特に最初は。

一口に管理職とは言っても色んな段階があるので、それぞれの立場によってその想いも当然変わってくるかと思いますが、特に係長や課長クラスはいわゆる中間管理職という職種は、より気苦労があるかと思います。自分も結構大変でしたので。ただ、そんな中で部下が良い結果を出したりすることを喜べるようになってくると自分もステップアップしてきたかなと思います。会社で働く以上、個人の力は限られており、自分だけがということでは先はありません。なので、部下も上司もうまくコントロール(説得)していくことができれば、管理する醍醐味も味わえるので、これはいい経験になると思います。やっぱり自分だけではなく、周りを巻き込んで仕事をすることは大変ではあるけれども、結果が出た時の喜びも個人の時よりも大きいので、これは経験した方がいいと思います。もちろんダメだった時の責任もあるので、リスクも個人の時より大きいですが、それは上に行けばいくほどそうなるのでしょうがないでしょう。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2018管理職という職種について考える.All rights reserved.