管理職という職種について考える

管理職という職種について考える

管理職という職種の募集もあります

転職活動において応募先の選択をしなければなりません。基本的には個人個人が経験してきた職種に基づいて求人を選択することになりますが、その場合案外難しいのが管理職経験者です。というのも、管理職という職種の求人が非常に少ないからです。「いや、私は管理職経験にこだわらず一般職でも構いませんよ」という方も大勢いるのですが、採用側が納得してくれないのです。いったん管理職を経験した人は再度人に指示命令を受ける立場を受け入れられない、と思われているからです。ですので一般職に応募する際には、この点についての不安を払拭するようなコメントを記載するなり面接で述べることがポイントとなります。

一方で、管理職の求人があれば積極的に応募することです。会社の中には、外部から管理能力のある人材を入れて統率を任せようと考える会社もあります。特に社歴が浅かったり、専門の技術力が高い会社などでは管理・統率が出来る人材がいないケースも多くあり、管理職経験者を求人で募るのです。この場合、年齢はほとんど問われません。ただ、ひと口に管理能力と言っても人員管理から数値管理、経営管理など幅広く、自分がどの分野で成果を発揮したかを明確にアピールしなければなりません。そのうえで求人先の会社の求める能力と合致するかがポイントなります。最近の管理職求人では、即成果を求められるケースが多いと思われ、その分大変な業務になりそうですがやりがいはありそうです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2018管理職という職種について考える.All rights reserved.